あつぎ飯山温泉 元湯旅館

オンライン宿泊予約

ご利用日

名様

ご予算(1室もしくは1人あたり)

まで
  • 宿泊プラン一覧
  • 日帰りプラン
  • 予約照会・キャンセル

お料理

旬の地場産素材で彩る会席料理

お食事は、東丹沢と相模湾に近い立地により、
山川の幸、海の幸と非常に鮮度の高い食材に恵まれており、
四條眞流師範の称号を持つ総調理長が手掛ける、
旬の地場産素材を使った会席料理をお楽しみ頂けます。

  • 春のお料理
  • 夏のお料理
  • 秋・冬のお料理
  • 季節のお献立
  • 特別注文料理
  • 春のお料理
  • 夏のお料理
  • 秋・冬のお料理
  • 季節のお献立
  • 特別注文料理
 
野にある色彩のように、
春のお料理は鮮やかに
膳の上に広がる料理の数々が、春の訪れを告げます。季節ごとに風物詩がございますが、春には“春の風物詩”が膳を彩ります。旬の素材を活かし、その食材が持っている“うまみ”を最大限に引き出すことが日本料理の醍醐味と考えます。
当館の春の料理は、山菜がふんだんに使われています。ワラビ、木の芽、筍、ウド、菜の花、そして、たらの芽などなど、これらが持つ独特の風味を調理に取り入れ、春らしい天然の色彩を損なわないように気をつかい、冬に比べて味付けもちょっぴり薄めに仕上げます。
夏の風物詩
鮎の塩焼きに舌鼓を
厚木は鮎の産地として知られ、その鮎は古来より将軍家に献上されるほど美味で有名です。初夏の若鮎は風味がよく美味で珍重されており、若鮎の塩焼きは元湯旅館の名物料理のひとつで、毎年いらっしゃるお客様からもリクエストの多い品。
また、もうひとつの名物となっている豆腐料理は様々なレパートリーがあり、お客様からの期待が高い分、調理長をはじめ調理人たちが日々趣向を凝らしていますのでぜひお楽しみに。
体の奥まで温まる、
元湯旅館自慢の鍋料理
元湯旅館では、様々な鍋料理を用意しております。
中でも人気のぼたん鍋(猪鍋)と寄せ鍋は絶品。そのおいしさは秘伝の味噌仕立てのスープにあります。もちろん調理長自慢のオリジナルで、これにはまず白味噌、赤味噌、酒、あたりゴマ(すりつぶしたゴマ)、みりんをブレンドしてしっかり練ります。
そして一晩くらい寝かすこだわりの後、主役は猪肉。歯ごたえがあり、コラーゲンがたっぷり含まれております。 脇役も味のあるものばかり。鍋の定番大根や長ねぎ、とうふ、しめじ、しいたけ、まだまだ…。中でもポイントはゴボウにあります。味噌仕立てのスープと相まって、なんとも心地良い香りを醸しだし、 コクのあるぼたん鍋はどんなお酒とも相性が抜群。ちょうどいい甘さの口あたりで、しかもあとには残りません。
寄せ鍋は海の幸がメインです。冬は魚介類の身が引きしまりまさに旬の味。その味をなるべく生かすように、ダシはコブで取り、うす口しょう油。さっぱりしていて食べごたえ十分。
“旬の野菜”と“旬の海の幸”の旨みが溶け合い、山海の美味が凝縮したお鍋は、舌鼓を打つだけでなく、きっと心まで丸くなる美味しさでございます。ぜひ、心行くまでご堪能ください。

今月の お献立

旬の素材に冬の装いを持たせた色とりどりの美味に舌鼓。
元湯自慢の料理をご堪能くださいませ。

6月のお献立

先出し㈠  名物 田にしみそ煮

先出し㈡  もちもち豆腐
       楓冬瓜 山葵
      べっ甲あん     

先出し㈢  ホッキ貝 子茗荷
      独活 ズッキーニー
      ポン酢あん

造 り  旬の魚介
      土佐正油

焼 物  鮎塩焼
      たで酢      
蒸 物 ココナッツ茶碗
      いくら 才巻 百合根
       銀あん

小 鍋  蟹と夏野菜
      玉〆鍋

合 肴  丸茄子鍬やき
      足柄牛ロースト
      ヤングコーン アスパラ
      パブリカ

油 物  玉蜀黍かき揚
      稚鮎唐揚
      姫竹の子
       抹茶塩

(ご宿泊 料理一例)

特別注文 料理

調理長お勧めの料理です。 盛り込み料理以外は二人前からの承りとなります。
※値段は全て税・サービス料別です。

生野菜 (一台)
¥1,500
舟盛り (一台)
¥20,000
串揚 (一台)
¥3,000
フルーツ盛り合せ(一台)
¥5,000
刺身盛り合せ(一台)
¥10,000
国産牛肉瓦焼(一皿)
¥10,000
かえる唐揚げ(一台)
¥2,400
和風オードブル(一皿)
¥5,000
里芋田舎煮(一台)
¥2,000
天ぷら盛り合せ(一台)
¥3,000
国産牛肉ステーキ(100g)
¥2,500